premiumjobsng.com

親子の性格と日常生活でのタイプ

日々の生活にちょっと良いものをプラス 以前ドラマか何かで40を過ぎると鏡の中に親を見ることができるという話がありました。親の顔を知らずに育った人に、励ましとも実感ともとれる、しみじみとした言葉で語っていました。その時には、そんなものかという感じでしたが、自分がその年齢を過ぎると、確かに驚くほど親と似ている姿が、鏡の中にありました。それで、しみじみとなるほどと実感しました。そして、それは外見だけではなく、性格なども両親の両方の性格を受け継いでいます。ですので、例えば孤児ということで親の顔を知らなくて育っても、自分の姿や性格から鏡の中で、将来出会うことができるということになります。生き方も似ていますので、どんな人なのかだいたいわかります。

それほど親子の絆は深いということになりますが、なかには隔世遺伝ということで、祖父母に性格が似てくるということもありますが、そうであっても、親子はそれ以上に似ているということになります。それは自分と子供でも起こりますので、家族間での良いことも悪いことも、同じ素質から出ている結果なのだということを考えると我慢できる場合もあります。また、共通する課題を親が克服していれば、子供はそれを参考にすればよいので越えやすくなりますが、できていないと、日常生活での、その子供の重荷が重くなるということにもなります。

おすすめ情報