premiumjobsng.com

日常生活と結婚の考え方

日々の生活にちょっと良いものをプラス 日常生活の生き方としては、独身で一生を生きていくことから家族を作って家族で幸せになる方法を選ぶということまで色々な生き方があります。そして、どちらにしても選び方を注意しないと、その後の人生が不幸になる場合もあります。不幸の種類もいろいろあり、経済的な原因から、お金は豊富にあるのに上手くいかず離婚するという場合まであり、ケースバイケースというしかありません。ことわざでも悪妻は百年の不作、悪夫は千年の飢饉とも言われます。中には、悪妻と結婚すると人は哲学者になると言った有名な哲学者までいました。今の日本では一生を独身で過ごす人も多いようです。昔のように結婚しないと肩身が狭いという考え方はほとんどなくなっているということのようです。

日常生活での幸不幸を考える時に、確かに将来のことを考えて、自分や相手が幸せになれるかどうかを精神的にも経済的にも考えるのは重要です。経済的に苦しくなることがわかっていながら、愛しているというだけで結婚をするのも考えにくくなります。シングルマザーなどは、その例ですが子供がいるということでも、経済的に苦労をします。少子化ということでは、子供が少なくなるのですから、せめて高校まで衣類や持ち物も含めて補助や援助ができるようにしないと、子供を産もうとも考えられず、結婚も経済的な理由で難しくなります。

おすすめ情報